>体験談>適職が分からないなら【エンパスの特性を知ることが大事】

適職が分からないなら【エンパスの特性を知ることが大事】

悩む女性

エンパスの人たちは共感力があり、生きにくさを感じることもありますが、適職を見つけることで生きやすく感じるようになれるそうです。この適職の見つけ方などは口コミを参考にすると良いでしょう。

レビュー一覧

自分の独特な感性を生かせる仕事を探しました

エンパスが適職を選ぶためには占いの力を試してみるのもいいかもしれません。自分は男ですが、以前から占いに関心を持っていたこともあり、適性検査を受けてみることにしたのです。特に自身の能力を活かせるようなところに務めたいと考えていました。適性検査を受けてみたところ、自分の独特な感性を活かせる仕事を探すことができたのです。ちなみに、自分の独特な感性というのは共感力が高いところです。そのため、普通に生活をしているとちょっと疲れてしまうことがあります。他人の気持ちに寄り添い過ぎてしまうからです。しかし、適性検査を受けてみたところ、心理カウンセラーなどの仕事が適しているということが分かりました。共感力が高い人にはもってこいかもしれません。(30代|男性)

人間関係が良い職場環境か否かが決め手でした

エンパスの適職というと、様々なものが挙げられます。しかし、人によって合わない職場もあることでしょう。特に人間関係が良い職場を希望していたこともあり、その点がずっと気がかりでした。男性よりも女性の方が人間関係で疲れてしまうことがあるように感じます。そこで、人間関係が良い職場環境かどうかという点を重視して、転職活動をしてみたのです。ネット上には占いや適性検査などで適職を探すために役立つサイトがたくさんあります。これらももちろん活用してみました。今まで職場の人間関係で悩んでいたこともあり、自分が合うのは一人で行う仕事だということが分かったのです。例えば作家や陶芸家、画家といったものが挙げられます。なるほどと思い、今はそれらの職を目指しているところです。(30代|女性)

広告募集中